開発の背景

現在、1742市区町村のうち1640市区町村で15万512の自主防災組織が設置され(平成24年防災白書)、 ”自助“ ”共助” ”協働”を掲げて活動する防災士の登録者数も約8万人に上ります。こうした地域コミュニティにおける防災力を高めるしくみづくりは、法やガイドラインの整備と共に構築されつつあります。

しかしながら、こうした地域防災力を高めるためのしくみづくりや整備されるソフト対策の法律やガイドラインは、多様化するコミュニティの実態にうまく機能してきたとは言い難いものがあります。なぜなら、自助においては危険認知と実際の警戒避難行動の乖離がみられ、共助においては、多様な生活環境の中で人とのつながりが希薄化し、さらには近代化や都市化に伴い核家族化が進み、自然災害の地域特性の伝承が途絶しているという実態が明らかになってきたからです。さらには近年の想定外といわれる大規模災害によって、ハード対策の限界や、行政と町内会や自治会をベースとした自主防災組織との連携の課題もみえてきました。

こんにちの地域防災が抱える課題は、これらの法律やガイドラインを多様化するコミュニティにいかに適応させ、情報を得て自ら優先順位を判断し行動できる自立した人をどのように育てるかということにあります。

そこでわが社が、地域防災の課題解決の一手法として着目したのが「防災教育」であり、今回開発した防災教育教材『 避難行動訓練EVAG (イーバッグ); Evacuation Activity Game』です。避難行動訓練EVAGは、以下の3編からなります。
●豪雨災害編 ●津波編 ●地震編  ※津波編、地震編については、今後順次発行予定。

豪雨災害編は、毎年到来する台風等による豪雨災害時の避難行動に焦点をあてており、私たちにとって たいへん日常的で身近な災害を扱った教材です。

特徴と学習効果

ねらい・特徴

この教材は、「体験・参加型」のシミュレーションをとおして災害時に情報を受け取った個人が、避難行動を疑似体験することで、「自助」、「共助」の必要性と重要性を深く考える教材です。

効果1
ロールプレイ
・災害時要援護者、多様な家族
・多様なコミュニティ
属性カード
属性カード
プラス
効果2
シミュレーション
・避難のタイミング、 想定外を想定
・助け合いの必要性
アクティビティカード(42種類)
アクティビティカード(42種類)
矢印
効果3
グループワーク
・課題抽出⇒原因分析⇒解決方法
・自助への気づき、共助への動機付け
グループワーク写真1 グループワーク写真2q グループワーク写真3 グループワーク写真4 グループワーク写真5
学習効果
  • ・早期に避難行動を起こす心構え
  • ・自助・共助を担う一員としての自覚
  • ・具体的な行動の重要性認識
  • ・自助の重要性の理解
  • ・共助/近助の構築必要性の理解
  • ・具体的な対応策の明確化

目指す学習効果

防災教育を通じた地域防災力の向上

抽出できる地域防災課題の例

ロールプレイとシミュレーションから抽出された地域防災課題の例

課題例1 インフルエンザにかかっていて、避難所に行っていいのか不安。
道路状況が悪化し、母親が家に帰られない可能性。
妊娠中、悪天候の中避難することが不安。
もし長男や夫が道路状況が悪くて帰られなかったら。
日ごろの近所付き合いがなかったら避難できただろうか。
インフルエンザの次男の体調は大丈夫か?
次男と二人だったら避難できただろうか?
手がかかる乳幼児との避難へのためらい。
3歳の幼児を連れ、荷物を抱えて妊娠中の母親は。
避難行動への不安が避難を遅らせ、被災する可能性を高める。
徒歩で避難できるのか。
課題例2 高齢女性を体力十分でない女性が支援する場合のリスク。
日ごろの地域とのかかわりが希薄なために情報収集力も低下。
自治会長は、避難所開設に動き回るため、
個別の問題には関与が難しい。
高齢者同士が支え合うときの共助の限界。
共働き家庭の場合、高齢者と子どもだけとなる時間帯の
災害対応の課題。
高齢者の場合、雨音で放送自体に気づかない可能性がある。
課題例3 事前に寝たきりの父を災害時要援護者に登録しなかったため、
避難が遅れた。
入院している夫との連絡方法。
防災グッズの備え。
独居高齢者とその親族間の非常時の情報伝達。
一時避難用の持ち出し品を揃えていない。
課題例4 ペットの問題。
高齢者の性別配慮。
せっかく避難しても体調が悪化する可能性。
更衣スペースの不足により体調悪化。
けがをしている場合の避難所生活。
限られたスペースでの避難所の空間利用の問題。
体調不良、感染病(インフルエンザなど)への避難所対応。
避難を勧めても、自ら支援に行くことが体力的に不安。
体調不良者への食料の備蓄が必要。
車両避難をどう考えるか。
矢印 解決に向けた議論へ展開
これまでのあゆみ
活動日 活動場所 活動内容
平成24年7月9日
長崎県 ファミリーサポートセンター職員に試行版を実施
平成24年8月4日 東京都 第30回開発教育全国研究集会自主ラウンドテーブルにて初回版を披露
平成24年9月29日 長崎県 NPO法人ちいきのなかま主催防災講座にて実施
平成24年11月1日 長崎県 鷹島中学校防災環境教育授業にて活用
平成24年11月17日 佐賀県 NPO法人夢の学校主催、防災キャンプにて実施
平成25年5月28日 自社 NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会との合同研修会にて実施
平成25年8月3日 東京都 NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会スタッフ向け研修として実施
平成25年8月17日 富山県 第31回開発教育全国研究集会自主ラウンドテーブルにて実施
平成25年10月16日 長崎県 鷹島中学校防災環境教育授業にて活用
平成26年4月24日 自社 社内体験会

ご購入申し込みについて

EVAGのご購入は、購入申込書に必要事項をご記入いただき、ファックスまたはメールにてご注文を受付ております。

セット内容
ご購入申込書ダウンロードはこちら
申込書
PDF形式
申込書
Excel形式

リンクを右クリックし、「対象をファイルに保存」または「名前を付けてリンク先を保存」を選択してください。

※PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は ダウンロード してからご利用ください。

※Excelファイルをご覧になるにはExcelか、Excel Viewer(無償)が必要です。
お持ちでない方は ダウンロード してからご利用ください。

注文・申し込みはこちら

【EVAG販売取次店】
サンスイ・ナビコ株式会社

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2丁目7-1
アソルティ日本橋茅場町2F
FAX:03-5623-5554
メール送信はこちらから

教材内容のお問い合わせはこちら

国土防災技術株式会社 技術本部
EVAG教材開発担当

〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和2丁目12-11
TEL:048-833-0422
FAX:048-833-0424
メール送信はこちらから
書籍のご購入について
  1. ご注文の流れ
    1. ①ご注文のご連絡(本申込用紙をご利用ください)
    2. ②販売取次店 サンスイ・ナビコ(株)からご注文合計額とお振込口座のお知らせ
    3. ③ご注文金額のご入金
    4. ④入金の確認後、書籍を発送
    5. ※お支払いは、『先払い』の銀行振込のみで承っております。
      ※公費でのお支払い方法にご要望がある場合は、柔軟に対応させておりますのでご相談ください。
  2. ご注文方法について
    1. 下記のいずれかの方法でご注文ください。
    2. ①注文書をメールで送付   メール送信はこちらから
    3. ②注文書をFAXで送付     FAX: 03-5623-5554
  3. 送料・手数料について

    ご購入いただいた書籍の送料・手数料は、ご負担いただきますようお願いします。

    ◎ゆうメール(簡易書留、全国一律)
    送料 手数料 合計
    1冊 770円 30円 800円
    2冊 920円 30円 950円

    3冊以上のお申し込みの場合は、「注文確認書」でお知らせする配送料(1,030円~1,650円、ゆうパック利用、100サイズ)をご負担いただきます。(サイズ、宛先地により変動します。) 5冊以上の場合は、注文時にご相談ください。

  4. お支払総額の算出方法及びお支払方法について

    お支払総額は以下の方法で算出します。
    総額 = 書籍の価格+消費税+送料+手数料
    ※消費税について ○消費税率:8% ○消費税計算順序:1書籍ごとに消費税計算

    販売取次店 サンスイ・ナビコ(株)からの「注文確認書」に記載されるお振込口座に、10日内にご入金ください。
    お振込手数料は、お客様にご負担をお願いします。
    期限までにお支払いが確認できない場合には、ご注文をお取消しさせていただきます。

  5. 発送・取扱い日について
    • 発送の時期について

      ご注文いただいた出版物は、代金の入金確認後、2営業日以内に発送いたします。
      書籍到着予定日は、発送のお知らせ文書に記載の「お問合せ番号」より確認していただきます。

    • 発送方法について

      書籍は、2冊までは「ゆうメール(簡易書留)」にてお送りします。
      3冊以上のご注文は「ゆうパック」にてお送りします。

  6. ご注文のキャンセル及び返品・交換について
    • キャンセルについて

      代金をご入金後、ご注文をキャンセルされる場合には、電子メールまたはFAXに、ご注文者の氏名・書名・ご注文日を明記の上、当社まで速やかにご連絡ください。キャンセル料として、返金の際の振込手数料+キャンセル手数料(1000円)を差し引いた額を返金させていただきます。

    • 返品について

      教材開封後は、返品・交換をお受けできません。ただし、出版物の落丁や乱丁、当方に責のある汚れや折れなどの不良がある場合は、交換をさせていただきます。未開封の状態でお客様のご都合による返品は、送料代金をご負担いただきます。その際の代金の返金は、返金の際の振込手数料+キャンセル手数料(1000円)を差し引いた金額になります。

    • 交換について

      到着した出版物に上記の不良が発見された場合には、電子メールまたはFAXでご連絡いただき、「着払い」の宅配便にてご返送ください。内容を確認後、速やかに正本とお取替えいたします。

シミュレーション進行用ガイド資料

教材の手引書でご案内した、「シミュレーション進行用ガイド資料」はこちらからダウンロードください。

シミュレーション進行用ガイド資料
PowerPoint形式
シミュレーション進行用ガイド資料
PDF形式

リンクを右クリックし、「対象をファイルに保存」または「名前を付けてリンク先を保存」を選択してください。

※PowerPointファイルをご覧になるにはPowerPointか、PowerPoint Viewer (無償)が必要です。
お持ちでない方は ダウンロード してからご利用ください。

※PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでない方は ダウンロード してからご利用ください。

| HOME | 会社情報 | 事業の紹介 | CSR | 採用情報 |

Copyright©2014 JCE Co.,LTD. All Rights Reserved