土と水と緑の技術で社会に貢献します。

国土防災技術株式会社

 
お問い合わせ
English

ICT事業ICT business

日本の豊かな森林資源を活用するためには、森林の適切な管理と適切な施業が必要不可欠です。
戦後に植林された人工林の多くが現在主伐期を迎え、資源の有効活用ともに未来に向けた再造林が求められています。資源・生産・流通の各段階で生じる様々な課題を解決するために、地理空間情報やICT(情報通信技術)等の先端技術を活用した取り組みが進められています。

当社では森林情報や木材生産情報の見える化・共有化をサポートするアプリケーションを開発し、作業の効率化や生産性向上に寄与するべく技術サービスを提供しています。

まさづけくん

まさづけくん

森林内での立木調査を省力化するアプリケーションソフト。
従来「正付け表」で行われていたアナログ作業をタブレットで操作できるアプリにしました。現場の調査結果をタブレットに入力するだけで、事務所に戻ってからの集計作業を簡略化することができます。基準に合わせたカスタマイズも可能です。(一般財団法人日本森林林業振興会との共同開発)

AI丸太検知くん

AI丸太検知くん

写真を撮るだけで木口解析ができるアプリケーション。
スマートフォンを使って丸太の木口を撮影するだけで、自動で材積を計算することができます。撮影時にベンチマークを設置することで補正され、どこでも正しい数値を計測することが可能です。計測結果は一覧になって出力することができるため、在庫管理や市場との情報共有にも活用することができます。

GNSS‐BM

GNSS‐BM

森林内の現地調査データを記録するアプリケーション。
スマートフォンやタブレットを使用し現地調査によって得られた情報を記録することができます。さらに、GISやCADデータを表示させることで対象地の情報をその場で確認することが可能、移動軌跡や撮影箇所を地図に落とし込むことで情報整理の作業を効率的に行うことができます。

技術資料はこちら