土と水と緑の技術で社会に貢献します。

国土防災技術株式会社

 
お問い合わせ
English

工事Construction

台風、集中豪雨、大地震などの自然災害大国である日本においては、それらに伴う斜面崩壊などの被害から逃れることができません。
当社では、各種土砂災害に関する豊富な知識と経験に基づき、自然斜面で発生する地すべり及び自然斜面・法面で発生する崩壊、落石等を的確な施工技術で抑止し、災害復旧に努めています。

地すべり防止工事

地すべり防止工事は、抑止工と抑制工に区分されます。抑止工は構造物を設けることによって構造物の抑止力により地すぺり滑動の一部または全部を停止させる工法です。とりわけ、アンカー工は抑止工の代表的な工種です。当社では独自に開発したSSL アンカー工を始めとし、施工実績も豊富であるとともに、新たなアンカー工の技術開発にも努めています。
一方、抑制工は地すべり斜面の地形、地質、地下水などの自然条件を変化させることによって、地すべり滑動を停止または緩和させる工法です。抑制工の中で最も一般的な工種は地下水排除工であり、代表的工法として集水井工があげられます。
当社では、建設コンサルタント業務で得た知見を基に、地形・地質・地下水条件にマッチした施工技術を構築し、その施工実績は全国で約800 基にも及び、地すべり滑動の沈静化に大きく貢献しています。

抑止工

抑止工は、構造物をもうけることによって構造物の抑止力により地すべり活動の一部または全部を停止させる工法です。とりわけ、アンカー工は抑止工の代表的な工種です。当社では独自に開発したSSLアンカー工を始めとし、施工実績も豊富であるとともに、新たなアンカー工の技術開発に貢献し、「維持管理技術」や「補修補強技術」などの最新技術を確立したJCEアンカーシステムを提供しています。

抑制工

抑制工は、地すべり斜面の地形、地質、地下水などの自然条件を変化させることによって、地すべり活動を底止または緩和させる工法です。抑制工の中で最も一般的な工種は地下水排除工であり、代表的工法として集水井工があげられます。当社では建設コンサルタント業務で得た知見を基に、地形・地質・地下水条件にマッチした施工技術を構築し、その施工実績は全国で約800基にも及び、地すべり活動の沈静化に大きく貢献しています。

斜面・法面工事

日本は地形急峻で地質的に複雑多岐にわたっています。加えて台風常襲、地震多発地帯に位置するため、自然災害を受けやすい環境にあります。このため、自然斜面及び切土・盛土法面で発生する落石、崩壊等を抑止する斜面・法面対策技術は、そうした災害から国土を守り、国民の生命、財産を守るとともに産業経済、国民生活の安定に極めて重要な技術です。その専門範囲は広範囲にわたっているため、施工目的に応じた高度な知識と技術力、豊富な経験が必要とされています。
当社では、建設コンサルタント業務で得た技術と知見に基づき、高度な知識をもった経験豊富な専門技術者により的確な施工技術をもって災害復旧に努めています。また、「自然への復元」をテーマに、今まで困難とされてきたせき悪地(強酸性土壌・強塩基性土壌・急斜面岩盤、強乾燥地等)への緑化技術など、斜面災害を抑制すると共に、CO2 削減に向けた地球環境維持と環境保全に努めています。

法枠工

斜面の崩壊防止工事としてよく用いられる工法で、ロックボルト工やアンカー工との併用で抑止効果も期待できる工法です。近年ではその施工実績も多く、枠内緑化等で環境面に優しい施工を提案しています。

落石対策工

落石対策工は、発生源対策工(落石予防工)と待ち受け対策工(落石防止工)に区分されます。日本国内の急峻な地形に合わせ、保全対象への被害を防止するとともに、周辺環境にマッチした環境面及び景観面に配慮した施工を提案しています。

地山補強土工

地山補強土工は多数の鋼棒(補強材)を地山に挿入することにより、斜面や法面の表層崩壊等を防止する工法です。当社では、斜面内の樹木伐採や切土を行わず、自然環境・景観を保全したままで斜面を災害から守るといった「ECO」な施工技術を提供します。

緑化工

植物には土壌の好き嫌いがあり、適地でなければ生育不良となります。当社では、のり面や周辺土壌の物理・化学性、植物相を調査し、土壌の健康状態を総合的に診断する方法を提案しています。それにより、郷土種による自然回復がスムーズに行えるような最適な緑化工法や導入植物種の選定が可能となりました。

技術資料はこちら