土と水と緑の技術で社会に貢献します。

国土防災技術株式会社

 
お問い合わせ
English

海外分野Overseas

斜面防災分野における豊富な実績を基に、アジア諸国における地すべり対策や道路法面対策等に経験豊富な技術者を派遣し被災した地域の復興支援を行っています。また、中南米の農地改善事業では当社が開発した資材を活用した取組みを進めています。

インド国 持続可能な山岳道路開発のための能力強化プロジェクト

インド国 持続可能な山岳道路開発のための能力強化プロジェクト

インドでは、急速な経済の発展に伴い、全国的な国道など幹線道路網の拡充整備を図る取組みが進められています。しかし、インドの平坦な高原部とは異なり、ヒマラヤ造山帯に代表される北部の山岳地帯では、道路網の整備は斜面災害のリスクに直面し、計画の推進が危ぶまれていました。2017年、国際協力機構(JICA)は、経済的で質の高い山岳道路開発・建設を実現すべく、山岳道路の設計・建設にかかるガイドラインを整備する無償技術協力プロジェクトを立ち上げました。ガイドラインの作成をカウンターパートとなる道路交通省(MoRTH)職員と協働で行い、ガイドラインに基づくパイロットサイトでの調査・設計・施工のモデル活動を通じて、ガイドラインの検証、および普及啓発を行いました。

JICA インド国ウッタラカンド州山地災害対策プロジェクト

インド国 ウッタラカンド州山地災害対策プロジェクト

インドのウッタラカンド州では、2013年3月の豪雨により大規模な洪水と土砂崩れが発生し、4,200もの村落が被災、6,000人もの死者と行方不明者を出すという、同国では未曽有の山地災害が起きました。豪雨による斜面崩壊の多くは森林地域で発生しており、治山技術を用いた森林復旧、防災・減災対策が求められています。本プロジェクトでは、治山技術を用いた山地災害対策の実施体制の確立を目指しております。当社は2017年より本プロジェクトに参画し、現在モデルサイトにおける調査・測量・設計業務を現地エンジニアとともに実施し、山地災害対策技術の移転を行っています。今後は治山工事の施工管理、モニタリング等の技術移転を行い、同州における山地災害対策の実施体制の確立を目指しています。

スリランカ民主社会主義共和国 国道土砂災害対策事業

スリランカ民主社会主義共和国 国道土砂災害対策事業

スリランカにおいて土砂災害は最も深刻な自然災害の一つです。2006年から2016年の期間中、スリランカ全土で累計約400名の人命が失われた他、道路網の寸断や封鎖により、毎年大きな経済損失が発生しています。こうした状況を受け、JICAは、2013年から2020年の7年間、土砂災害のリスクが高い中部州、ウパ州、西部州の7県において、山岳主要国道(A級)沿いの16箇所の危険斜面を対象とした円借款による斜面対策事業を実施しました。この事業では、日本の独自技術を活かした地すべり対策工・斜面対策工・落石対策工が、調査・設計・施工され、また、セミナーやワークショップを通して、地すべり対策技術を移転する取り組みが行われました。当社は、本事業の全ての工程に主体的に従事し、スリランカ国道路開発庁(RDA)から高い評価を頂きました。

JICA ホンジュラス国首都圏斜面災害対策管理プロジェクト

ホンジュラス国首都圏斜面災害対策管理プロジェクト

ホンジュラス共和国の首都テグシガルパ市は、四方を山に囲まれた山岳都市です。近年では山麓部や斜面部での都市開発の影響から地すべりや斜面崩壊が、特に雨季(5~10月)に頻発し、都市生活に多大な被害発生しています。特に1998年のハリケーン・ミッチでは、1,000人を超える死者・行方不明者を出しており、斜面災害対策が首都圏における喫緊の課題となっています。本プロジェクトでは、首都都庁、国家災害対策委員会、ホンジュラス国立自治大学と協働して、斜面災害リスクを軽減するための取り組みをハード(斜面災害にかかる調査、設計、施工、維持管理)及びソフト(斜面災害のハザードマップ作成、土地利用規制実施に向けた支援)の両面から実行し、その技術移転を行っております。当社は、斜面災害対策にかかる設計、施工、施工管理、維持管理の分野においてカウンターパートとなる首都都庁職員とともに事業を実施し、その技術移転を行っています。

JICA パラグアイ共和国 高濃度フルボ酸を利用した農地改善事業

パラグアイ共和国 高濃度フルボ酸を利用した農地改善事業

2019年に高濃度フルボ酸(フジミン)を活用した農地改善技術が、パラグアイを対象国としてJICAの「中小企業・SDGsビジネス支援普及実証事業」に採択されました。パラグアイでは、連作障害や肥料の多投によって土壌環境が悪化し、農作物の収穫量や品質の低下が問題となっています。本事業では、大豆・ゴマ・トマト・ピーマンの農地にフジミンを散布することによって、土壌環境を改善し、農作物の収穫量増加や品質向上に繋げる事でパラグアイの農業の生産性向上や貧困層の生計向上への貢献を目指しています。

フジミンはこちら

技術資料はこちら