土と水と緑の技術で社会に貢献します。

国土防災技術株式会社

 
お問い合わせ
English

地盤環境分野Ground Environment

台風、集中豪雨、大地震などの自然災害大国である日本においては、それらに伴う土砂災害、洪水、津波、火山災害などの自然災害リスクにさらされています。このような自然災害リスクに対するソフト・ハ一ドいずれの対策においても、地盤の特性を踏まえた対策を講じる事が大切です。各種の防災計画の立案や構造物の設計に対して、地盤に関わる的確な情報や検討結果を提供することにより、最も効果的な防災・減災対策の立案・設計を行うことができます。

当社では高い技術力を持った専門技術者が多数在籍しており、多様な地質構造による災害発生のメカニズムや地下水の流れなどを把握することで、施設計画立案等をお手伝いしています。

地質調査

地質調査

高い技術を持った地質の専門家による現地踏査をベースに、ボーリング調査や物理検層、地下水調査等により周辺の地質構造を総合的に判断します。特にボーリング調査の実績は全国各地で多数有しており、多様な地質構造による災害発生のメカニズムや地下水の流れなどを把握することで、施設計画立案等をお手伝いします。

土質調査

土質調査

地すべり面や断層面でのせん断挙動やせん断強度を把握するため、残留強度やせん断中の間隙水圧挙動を計測します。

水文調査

水文調査

森林の侵食防止機能、流出量平準化機能を定量的に評価するため、森林の蒸散、熱放射など森林の科学的素因を計測・測定し、各種流出モデルや樹冠遮断モデルによる解析を行います。 また、トンネルや道路等各種建設工事に伴う周辺地下水への影響を評価するため、地下水環境に影響があると予想される井戸、水路、溜池の水位、流量、水質を観測し、施工との因果関係について検討します。

軟弱地盤調査

軟弱地盤調査

道路地盤、港湾・河川施設、宅地などの軟弱地盤において、経験豊富な技術者が総合的な視点で調査、解析、設計といった技術サービスを提供します。また豪雨や地震により大きな地盤災害を起こす谷埋め盛土についても、分布状況の把握から危険度予測マップの作成、現地調査、対策工の設計まで一貫した宅地防災対策に対応します。

技術資料はこちら